スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

う~ん

続き、思い出すのたいへんだ!

とゆうわけで青髪のエルフのせりふからの続き。

「自由?」青髪のエルフは「そう、あなたをここから出してあげる。いえ、あなたはここからでなければいけなくなるでしょうね」リディアは青髪のエルフに近づきながら「あなたっ!いったい何をするつもりなのっ?」とたずねる。青髪のエルフはまた笑みを浮かべ「明日になればわかるわ。今夜はゆっくり寝なさいな。お姫様…」リディアは怒り口調に「あなたが、何をしようと私は私の意思できめる!勝手なことはさせない!!」リディアは護身用の短剣を取り出し、青髪のエルフの顔の前に突きつける。青髪のエルフは短剣の先をみたまま「どうやら、話し合いはもう終わりのようね。さて、ここに長居は無用みたいだし戻ろうかしら。」青髪のエルフは笛を一吹きすると外に1本のホウキが現れた。リディアはとっさに間をつめるも、青髪のエルフはホウキで宙にういて薄ら笑いを浮かべていた。「あ、あなたの名前はなんてゆうの?」「私はエリス、エリス=ヴァリード。またすぐ会えるわ、よい夢をみなさいな。お姫様」エリスはホウキのスピードをあげ去っていった。リディアはエリスの言葉を1つ、1つしばらく考えていたが知らずのうちに眠りについてしまっていた。そして、次の朝リディアはホロの鳴き声で起きる「う~ん、私寝てしまったのね。」そしてエリスの言葉を思い出す「…何も変わってないじゃない。まだ何も起きてないだけかしら?」コンコン、部屋をノックされリディアは「はーい」とドアを開ける。そこには兵士がいて「リディア様、ヅラお…いえ国王がおよびです。」リディアは頭をひねりながら「何の用事だろう、わかりました。すぐ参ります」

今日はここまでで、おしまい。青髪のエルフの名前考えてたら進める気力おちたよー。うん、やっぱ内容忘れるし小説?は週1、2の定期更新で。普通の日誌はできればほぼ毎日更新したいな。

以上。



スポンサーサイト

テーマ : マビノギ
ジャンル : オンラインゲーム

がんばるよ

前回の続き…眠くて断念しちゃったんだよねorz

僕らが生活するセレスト王国は多種の種族が生活しているのだけど争いなどはめったに起きず平和な国なんだ。これもリディアのお父さんの統治がうまくいっているからだね、でもリディアのお父さんには困った趣味があって世界中のヅラをあつめているんだ…これにはリディアも頭を痛めてるみたいだよ。この趣味さえなければ完璧なのだけど、少し抜けているほうが親しみやすいのかもね。

 「あー、たーいーくーつー」また、リディアが同じこと呟いてる。まぁ僕も同じ気分なんだけどね。 ここ最近王国の周りで盗賊団が出現していて騒ぎが収まるまで部屋の中にいるようにといわれているんだ。リディアの愚痴を聞きながら今日もおわるのかぁと思っていた夜、僕たちの部屋のバルコニーにひとりの青髪のエルフが現れた。リディアは驚きながらも「あなたは誰?何をしにきたの」と問いかけ、僕はリディアを守るために威嚇の体制をとる。青髪のエルフは僕のほうに手をのばし、リディアのほうを向き「あなたは、今の状況をどう思ってるの…?」リディアは答える「もちろん、盗賊団をやっつけて私の大切なこの国の平和をとりもどしたい!」青髪のエルフは笑みを浮かべながら「なら、あなたは何故こんな部屋に閉じこもっているの?ほんとは怖いんじゃないのかしら?」リディアは怒り気味に「だってしょうがないじゃない、父の命令なのよ!!」青髪のエルフは意地悪く「なら、その父がいなければいいってことかしら?」「ち、違う!!!」リディアは首をふりながら答える。青髪のエルフは笑いながら「あはは…あなたはほんと困ったお姫様だね いいわ、私があなたを自由にしてあげる」

少し疲れたので今日はここらでオシマイ。青髪のエルフの名前きまらなくてそのままにしちゃった名前ってきめるのたいへんだね

以上今日の小説でした。

テーマ : マビノギ
ジャンル : オンラインゲーム

ふぃくしょん

ほんのちょっぴり

この物語はセレスト王国の姫と仲間が活躍する話になる?はず ふぃくしょんです

「今日も退屈~ね、ホロ」と女の子はこちらに視線を向けてくる。僕は「ウォン」と女の子に返事をするそう僕の名前は「ホロ」だ。となりに居る女の子は僕の飼い主「リディア」といってなんと彼女はセレスト王国のお姫様なのだ。お姫様といってもリディアは礼儀作法などを学ぶより剣技を学ぶほうが好きで周りの人たちも一目置くような実力の持ち主なんだよ。リディアの得意な技は「ウインドミル」といってコマのように回って自分の周りの敵をいっぺんに倒してしまうすごい技なんだけど、使用者にだいぶ負担がかかる技でもあるんだ。リディアはウインドミルをなんなくつかってるけどね。

中途半端だけどいったんここでおしまい眠すぎるZzz・・・
プロフィール

ほろ

Author:ほろ
はじめましてっholouですっ
「ホロ」って呼んでください^^
ゆっくり成長していくのでよろしくですUo・ェ・oU

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。